【ミャンマー】ミャンマー宝石博物館でルビーやサファイアを買う!世界屈指の宝石産出国ミャンマーの凄さがわかる博物館を詳しくご紹介

【ミャンマー】ミャンマー宝石博物館でルビーやサファイアを買う!世界屈指の宝石産出国ミャンマーの凄さがわかる博物館を詳しくご紹介

Advertisement

宝石の国ミャンマー。ルビーやサファイアをはじめ、翡翠など多くの宝石を産出するミャンマーについて知ることができる宝石博物館がヤンゴンにあります。この宝石博物館では様々な宝石や原石、そして資料を見ることができる他、宝石の販売も行っています。何かミャンマーの宝石が欲しいけど市場などでは本物かどうかの判断が難しいと考えていらっしゃる方も、この宝石博物館に入居している宝石店なら安心なのではないでしょうか。では宝石に興味の無い方も意外と楽しめそうなミャンマー宝石博物館をご紹介いたします。

ミャンマーの宝石について

ルビー

ミャンマーの宝石で有名なのは何といってもルビーでしょう。ミャンマーのルビーで世界でも最高峰といわれる「ピジョン・ブラッド」はモゴックで主に産出され品質も高い評価を得ています。着色成分である純粋な酸化クロムが多く含まれ、明るさが多国の産出したルビーよりも強く、濃い赤が特徴で、有名オークションなどでは高値で取引されています。

翡翠

翡翠といえば中国を連想しますが、ミャンマーの翡翠ジェダイト(硬玉)は非常に高品位です。中国の翡翠はネフライト(軟玉)で、ジェダイトと区別されており、ミャンマーのジェダイトは非常に固く加工にはダイヤモンドを使用します。

サファイア他

その他にもミャンマーでは深く澄んだブルーの良質なサファイアや真珠、琥珀などが驚くほど多くの種類の宝石が採れます。

Advertisement

ミャンマー宝石博物館について

ミャンマーの貴重な宝石や未加工の原石、そしてミャンマー国内の産地についての資料を見ることができます。建物は4階建てで、博物館は最上階のトップフロアにあります。その他の1階から3階までは宝石店が入っており、様々な種類の宝石を買うことができます。

ミャンマー宝石博物館へのアクセス

ミャンマー宝石博物館はインヤー湖のあるエリアのカバーエーパゴダの近くにあります。ダウンタウンからは渋滞がなければタクシーでおよそ20分です。YBSのエアポートバス(AIRPORT – SULE)のカバーエーパゴダ停留所から徒歩で行くこともできます。

マップ

Advertisement

ミャンマー宝石博物館の館内

Ground Floor 1階

まずレセプションで名前や国籍などを記入します。パスポートナンバーも聞かれましたが、持ち歩いていなかったのでわからないというと特に未記入でOKでした。受付というより取り調べを受けてるような雰囲気でしたね(笑)

検査機をくぐります。

華やかな絵が飾られています。

奥は店舗になっています。

Advertisement

First Floor、Second Floor 2階、3階

同じく宝石店がたくさん入居しています。

翡翠や琥珀専門のお店など様々です。

Advertisement

Top Floor 4階 宝石博物館

4階が宝石博物館となっています。

受付で入場料を支払います。入場料は7000チャット(約500円)でした。

ここで荷物をロッカーに預けます。カメラや携帯も持ち込みは禁止。結構厳重ですね。かなりの価値のものが展示されていることがわかります。

博物館館内には宝石や鉱石、またそれらによって作られた装飾品や食器などが展示されています。それら展示品についてスタッフが詳しく説明してくれます。また、大きな模型の立体地図があり、各宝石の産地をランプで点灯させて知ることができて面白いですよ。改めて多くの種類の宝石が産出されていることがわかります。

Advertisement

ミャンマー宝石博物館の宝石店でショッピング

さて、この宝石博物館、宝石について詳しく知ることができる貴重な博物館ではありますが、質の高い宝石を買えるショッピングスポットでもあります。その販売されている宝石について2階、3階のお店で値段など聞いてみたのでご紹介いたします。

ルビーとスターサファイア

濃い赤のルビーと澄んだブルーのスターサファイアの値段を聞いてみました。

真っ赤なルビーです。カラット天秤にかけてみます。

1.35カラットで300ドル

スターサファイア。とてもきれいなブルーです。そして結構大きなものを計測してみてもらいました。

5.33カラットで800ドル

Advertisement

アクセサリー

いろいろな種類の宝石で作られたブレスレットをご紹介いたします。

サファイアのカラフルなブレスレット。これはとてもきれいでしたね。

280ドル

ルビーのブレスレット。やはり色が濃くて存在感があります。

220ドル

キュービック・ジルコニアのブレスレット。合成石ということですね。ダイヤの代用品のようにいわれることが多いようですが、こうしてアクセサリーになるといろんな洋服にもあわせやすそうです。

180ドル

琥珀。ミャンマーは琥珀も有名であちこちで見かけます。

35ドル(左)、30ドル(右)

※値段はお店や時期によって異なりますので、あくまで参考価格として御覧ください。

Advertisement

宝石の魅力を知り落ち着いて買い物ができるミャンマー宝石博物館

これほど宝石にどっぷり浸かれる観光地も珍しいのではないでしょうか。ある意味異国の地にいる実感が湧きます。4階の宝石博物館はいかにミャンマーで優れた多くの種類の宝石が採れるか詳しく知ることができますし、お店ではマーケットのように慌ただしくない静かな環境で買い物できます。どのお店ものんびりしていて、あれこれ見るだけでも嫌な顔ひとつせず対応してくれますよ。観光としても、ショッピングとしてもヤンゴンに訪れた際は是非行ってみることをおすすめします。

 >>魅力ある観光地がたくさんのミャンマー。でもご自身での手配は不安だという方には信頼のJTBオプショナルツアーがおすすめです!絶景から文化まで楽しめるミャンマーをお任せ手配で満喫!

JTBのミャンマーオプショナルツアー

Myanmar Gems Museum

住所:66 Kaba Aya Pagoda Road, Yangon, Myanmar

電話:+95-1-663138

営業時間:9:30-16:00(月曜日、祝日休館)

4階博物館入場料:5USドル

Advertisement

ファッション・美容カテゴリの最新記事