【ミャンマー】ミャンマー女性の魅力を引き出す伝統衣装「ロンジー」

【ミャンマー】ミャンマー女性の魅力を引き出す伝統衣装「ロンジー」

Advertisement

初めてミャンマーを訪れた人がまず興味をひかれるのは、ミャンマーの人々が履いている巻きスカートではないでしょうか。これは「ロンジー」というミャンマーの伝統衣装で、女性だけでなく男性も着用しています。カラフルでいろんな柄のあるこの魅力的なロンジーについて詳しくご紹介したいと思います。

ロンジーとは

ミャンマーの伝統衣装で日常的に着用されている巻きスカートです。ラオスにもシンという巻きスカートがありますが、シンが女性だけの巻きスカートであるのに対して、ロンジーは男性も着用します。

ビルマ語で男性用のロンジーはパソー、女性用のロンジーはタメインとよばれています。

ロンジーの特徴

ロンジーは幅1.5mくらいの布を筒状に縫ったシンプルな構造で、腰に固定して着用します。素材は日常的に着るロンジーはコットンで、公式行事などで着るものはシルクなどの高級素材で作られています。

ロンジーはエンジーという伝統的な上着とともに着られますが、ヤンゴンなどの町中を歩いていると、普通のブラウスやTシャツなどとあわせて着ている姿も多く目にします。

Advertisement

ロンジーの機能性

暑気は涼しく、雨季には乾きやすい東南アジアであるミャンマーの気候に適した衣服のロンジー。日常生活においてもミャンマーの人々にとって実用的で、寺院などでは肌の露出は禁じられているミャンマーで、山など高所にあるパゴダへの参拝の際、布に余裕があるため股を開いても脚が隠せます。また、裾を簡単にたくし上げられるため、雨季で冠水した場所でも布を汚さずに済みます。

ロンジーの色

ロンジーは職業によって着用する色が決められており、学生と教師は緑のロンジーと白のエンジー、看護師は赤のロンジーと白のエンジーというふうにロンジーとエンジーには色や模様に決まりごとがあります。

ロンジーの値段

一般的なミャンマーの女性は家にロンジーを20枚以上持っているのではないかと思われます。おおむね普段着用のロンジーは3,000チャット〜15,000チャット(約230円〜1000円)で手に入り、高いものでは150,000チャット(約10,500円)くらいと結構値段に開きがあります。

Advertisement

街角ロンジーファッション

とてもカラフルなロンジーの女性たちのグループ。特にグリーンが目を引きます。

上下セットアップの黒いレースの下はグリーンのレイヤーになったロンジー。アクセサリーもよくあっいてとてもおしゃれなコーディネート!

真ん中の薄紫のロンジーが色も装飾もきれいですね。ピンクのロンジーも色鮮やかで町が彩りにあふれています。

インパクト大のオレンジ色。着ている女性も迫力ありますね。

男の子のロンジー。長身でスマートなのでなかなかイケてます。

Advertisement

ロンジーの着方

ロンジーの着方です。男性と女性は着方が違います。女性はラオスのシンと同じ着方ですね。

男性の場合

①筒状になったロンジーの中に入り、両端を握って広げます。

②左から腰に折り目がくるように畳んでおへその位置くらいに持ってきます。

③右も畳んで真ん中へ。

④両方の端をねじってたくし込みます。

⑤余った部分を挟み込みます。

⑥これで完成。

女性の場合

男性は上からかぶってもよいそうですが、女性は必ず足からはきます。これは上からかぶると運気が下がるとされているからだそうです。家庭でのロンジーの保管も男女別々らしいですね。

①同じく筒状の中に入ります。

②利き手によってかわりますが、片側にぴったり体に付け、片側を引っ張ります。

③先端をねじって腰に差し込んで完成です。

Advertisement

ロンジーが買えるヤンゴンの日系のお店「はりこ」

日本人女性にも人気のロンジー。ヤンゴンでロンジーを買うならボージョーアウンサンマーケットがおすすめです。ロンジーのお店がたくさんあり種類も豊富です。そして中でも日本人経営のロンジー専門店「はりこ」はお値段も手頃で日本語が話せるスタッフがいます。お直しも安くしかも30分程度でやってもらえるので旅行者にばっちりです!

店舗情報

店名:Harico

住所:No.2,No.3, West B, Bogyoke Aung San Road, Pabedan Township, Yangon, Myanmar

電話:+95 9 784 340549

営業時間:10:00 – 16:30(月曜マーケット定休)

URL:https://www.facebook.com/Harico.bogyokeaungsanmarket/

はりこについての詳しい情報はこちらの記事を御覧ください。

色彩に溢れた歴史の交差する町で

ヤンゴンはロンジーの色彩によって町がとてもカラフルです。発展を続けるヤンゴンですが、パゴダやコロニアル建造物など伝統と歴史、そして近代が混在しており、その中を歩くロンジー姿の人々は珍しさや郷愁などいろんな感情を引き起こします。東南アジアの都市も先進国のように均一化されていく中で、今でも民族衣装を日常的に着用されているロンジーはミャンマーの大きな魅力の一つです。

 >>ロンジー以外にも魅力あふれるミャンマーの雑貨を信頼のJTBがエスコートします。そしてオプショナルツアーならではのお得なプラスアルファはマッサージとアジアンディナー付き!午後発なので慌てずゆっくりスタートできますよ!

ミャンマーの雑貨屋さん&マッサージ、アジアンディナー!

Advertisement

ファッション・美容カテゴリの最新記事