タイランドパス撤廃が7月1日より実施となりついに本格的なタイ開国となりました!

タイランドパス撤廃が7月1日より実施となりついに本格的なタイ開国となりました!

Advertisement

7月1日より規制緩和として、ついにタイランドパスが撤廃となりました。これで渡航前にウェブで入国申請をする煩わしさから開放されます。

そして、これと同時にタイ国内で有効な医療保険加入と提示の義務もなくなりました。

大きな規制緩和となったタイ入国条件の変更と、バンコクの現在についてお伝えいたします。

7月1日からのタイ入国のための条件

画像:Department of Consular Affairs

(変更点のポイント)

外国人を含め、タイ入国のためのThailand Passシステムによる事前申請が撤廃。

新型コロナの治療費などを含む医療保険への加入と同保険証の提示義務が廃止。

※ただし、入国時に、ワクチン接種証明書または、渡航前72時間以内に検査した陰性証明書の提示は引き続き必要。

ワクチン完全接種の場合

〜タイ政府認可のワクチンを規定回数接種した証明書を持っている場合

・タイ入国時にワクチン接種証明書を提示する。

(ただし、渡航日の14日前までに接種を完了し、タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種していること)

・タイ渡航前及び入国後のRT-PCR検査による陰性証明の提示が免除となる。タイ入国後の隔離免除。

(入国後、渡航者が独自にATK検査キットで検査の実施を推奨。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることとなる。タイ政府はATK検査の実施を推奨)

・渡航する14日前までに、タイ保健省が認可しているワクチンを少なくとも1回接種し、接種証明書を保持している未成年者(5歳以上18歳未満)は、ワクチン完全接種の人と同じ条件で一人での入国が可能。また、保護者同伴のワクチン未接種 / ワクチン接種未完了の未成年者(18歳未満)は、接種証明書の提示は不要で、保護者と同様の条件で入国が可能。

ワクチン未接種/ワクチン接種未完了の場合

(タイ保健省が認可しているワクチンを規定回数接種した証明書を持っていない場合)

・タイ入国時に、渡航前72時間以内に受検したRT-PCR検査または専門機関による抗原検査の陰性証明書を提示する。

(自己ATK検査は認められておらず、病院等の医療機関において抗原検査を受検する必要がある。)

・タイ入国後の隔離及びRT-PCT検査がいずれも免除される。ただし、タイ入国後、渡航者自身が準備したATK検査キットで検査を実施することが推奨される。

(入国後、渡航者が独自にATK検査キットで検査の実施を推奨。タイ入国後の自己ATK検査で陽性が確認された場合は、タイ保健省が定める病院において再度検査及び治療を受けることとなる。タイ政府はATK検査の実施を推奨)

Advertisement

出入国カードの停止

タイ入国の際に記入が求められ、出国まで保持しておかなくてはいけないタイ出入国カード「TM6」が、7月2日から、空路での出入国に限り一時的に停止となりました。

新型コロナウイルス感染症関連の書類審査で入国審査官のタスクが増えているため、時間短縮を図るため今回の停止に至りました。

このまま撤廃になるかはまだ不明ですが、無くすと出国などのときに面倒なことになるケースがあったこのTM6、紛失を気にしなくてよくなるのはありがたいですね。

Advertisement

マスク着用義務の撤廃

6月23日よりすでにマスク着用の義務が撤廃となっています。ただし、重症化のリスクのある60歳以上の高齢者や8つの持病を持つ人については、マスクを着用が推奨されており、また、コロナ感染者や濃厚接触者は、他人と接触する際には、マスクを常に着用しなければなりません。

マスク着用の義務は無くなりましたが、バンコクの街を歩いていますと、ほとんどの人がマスクを着用しています。

コロナ予防の習慣がついていることもさることながら、マスク着用が当たり前になっているので、外して屋外を歩くのにどうも抵抗があります。マスク嫌いの欧米人も旅行者はさておき、バンコク在住者は引き続きマスクを着用しています。

予防習慣はいいことではありますが、ひと目を気にせず、なるべく人と距離を保てる通りではマスクを外して歩くようにしたいと思います。

Advertisement

本当は多い?コロナ新規感染者

以前は片側からからしか入店できず、検温カメラも撤去されているサイアムパラゴン

バンコクの一日の新規感染者数は現在2000人前後です。感染力の高いオミクロン株の流行は、当初もっと感染者が増えると予想されていましたが、爆発的な増加はなく、すでにピークアウトの様相です。

しかし、オミクロンは重症化しないことから、体調が悪くなっても自宅療養で治癒するため、検査をしたり、かかっていても病院には行かず自己判断で外出される人が少なくないようで、SNSの情報を見ていても実際は感染者が多く、潜在的には発表されている人数よりはるかに多いと考えられます。

今回の規制緩和で、医療保険加入の義務はなくなりましたが、旅行でタイに来られる際は、医療保険は加入しておくことをおすすめいたします。

Advertisement

タイに日常が戻ってきた

規制緩和が進み、先月からすべてのカテゴリーの業種が営業可能となり、バンコクでは久しぶりに名物の交通渋滞や、朝の満員電車のBTSなど、コロナ前の日常風景を見かけるようになりました。

最も煩わしかったタイランドパスがついに撤廃となってことで、今後はさらに観光客が増え、活気に満ちたタイに戻ってくることでしょう。

まだ、オミクロンは感染拡大の可能性があるので、油断はできませんが、2年待ったタイの日常を嬉しく思う今日このごろです。

 >>海外に出たらあらゆるシーンで英語力が必要!クライアントとの商談、交渉、現地スタッフとのコミュニケーションなどのためにスキルを身につけるなら、企業でも採用されているあの学研で初のオンライン英会話ブランドKiminiを試してみませんか!

「話せるようになる」英語学習サービス「学研のKiminiオンライン英会話」

Advertisement

ASEAN進出カテゴリの最新記事